×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠とつわり

妊娠とつわり

つわりを解消する食べ物飲み物と症状を軽くするグッズ

  

つわりの期間あれこれ

悪阻と書いてつわりと読みます。つわりは妊娠初期の妊婦さんによくみられる症状です。 つわりの大体の期間は妊娠4週から6週くらいから始まり妊娠の12週から16週くらいには落ち着くといわれています。 妊婦の全員がつわりを経験するというわけではないです。 つわりをまったく経験しない妊婦さんもいればつわりがひどい妊婦さんも大勢います。 つわりの症状は、いろいろあり個人差があります。気分がわるく吐き気をもよおす方は結構います。 つわりで病院と思いがちですが症状が良くならない場合は治療を受ける場合もあります病院で点滴をうけて対処する方もつわりがひどい人にはいます。 つわりがひどいときは、無理して食事をとらなくても大丈夫です。 食べ物を見ただけ、食べ物の臭いを嗅いだだけで吐き気がでる場合も有ります自分のつわりの症状を 把握しておきましょう。 つわりの症状はざまざまでつわりがない人もいれば重症で入院する人もいます。 またつわりの症状がひどく中々治まらないからといって市販の薬に頼ることは絶対にしないでください。 お腹の中のあかちゃんに影響を及ぼすおそれがあります。妊婦さんの中には分娩台にあがるまでつわりがあったなんていう つわりの期間の長い人もいます。


つわりの症状

悪阻の症状として一般的なのが食べつわりと吐きつわりなんです。食べつわりは耳なれない言葉ですが妊婦によくある症状です。 食べつわりというのは常時口に何か食べ物を入れていないと気持ち悪くなってしまうという症状です。 食べ悪阻を軽くするコツはは好きな食べ物を好きなときに食べることです。 食べつわりの人は空腹を避けなにか口に入れておくことで症状が軽くなります。 食事の回数を増やして、こまめに食べるなど、常に食べているという状態にすることが必要です。 アメやガムなどを常備して長時間口の中にいれておける食べ物を用意しておきましょう。 しかしだからといって妊娠中ずっと好きなものを好きなように食べるという分けにはいきませんつわりの期間が終了 したら栄養のバランスを考えて体重管理をしながら食べるようにしないといけません。 食べつわりは始終何か食べていますので体重がかなり増えます、つわりが治まればちゃんと体重を管理して赤ちゃんの栄養を考え出産にそなえましょう。


つわりの和らげ方

つわりを軽減させるには気分転換がよいです。つわりと直に向き合うとかえってしんどくなります。 働く妊婦の方は仕事中はつわりをあまり感じないが家に帰って気が抜けたとたんつわりが襲ってくる という人が多い。つまりつわりから気を他所へ向けたほうがつわりを和らげるよい方法です。 家事をしたり趣味で気分を紛らわせたり、パソコンやゲームをしたりしてDVDを楽しんだりして気分転換しましょう。 また食べ物飲み物としては、口の中をさわやかにするまたは胃の中をさわやかにする感じの食べ物飲み物が良いです。

飲み物:炭酸飲料、ガス入りのミネラルウォーター、スポーツドリンク、ジュース、生姜湯など

食べ物:ゼリー、カリカリ梅、ところてん、すももなど

つわりを軽くするグッズとしましては、乗り物酔い解消に使用するシーバンドやアキュライザーなどの酔い止めバンドが 効くそうです。 また手首にあるムカムカや吐き気を抑えるツボを自分で押してみるのも良いでしょう。


(C)妊娠とつわり
派遣スタイル/ 口コミ派遣/ 旅行系派遣/ 派遣会社情報/ 初めての転職/
転職ガイド/ 転職と人間関係/ 女性のための労働基準法/ 妊娠とつわり/ 派遣で生きる/